鮫島 義隆

このコーナーでは、グリーンアドバイザーの活動を知っていただくために、グリーンアドバイザーを代表する【グリーンアドバイザー園芸ソムリエ】と【プラチナグリーンアドバイザー】のプロフィールをご紹介します。

【グリーンアドバイザー園芸ソムリエ】及び【プラチナグリーンアドバイザー】は、グリーンアドバイザーの日々の活動をポイント化して評価する【グリーンアドバイザー園芸CPD制度】によって称号を取得された、いわば全国10,000人のグリーンアドバイザーのトップランナーです。

プラチナグリーンアドバイザー

鮫島 義隆(サメジマ ヨシタカ)

自己PR・メッセージ

ハーブガーデンを主としたナチュラルなイングリッシュガーデン(1200坪)を18年造ってきました。緑の屋敷森・里山を活かした自然の息吹や植物の鼓動が感じられ、花木や宿根草達が四季を忘れずに届けてくれるガーデン作りを目指して励んでいます。地元5市1町の仲間達と構成する「中遠オープンガーデン花仲間」を主催して交流をしています。
自宅で「岡田の荘ハーブガーデン」を造り公開しています。

勤務先・所属団体

・ふじのくに花の都しずおか中遠地域推進協議会中遠オープンガーデン花仲間 代表
・ふじのくに花の都しずおかアドバイザー
・公益財団法人静岡県グリーンバンク 評議員
・岡田の荘ハーブガーデン (自宅オープンガーデン公開)
・磐田市南地区社会福祉協議会 会長
・磐田市南地区地域づくり協議会 副会長
・元自治会長
・元静岡県グリーンアドバイザーの会事務局長
・磐田市下岡田市民農園 主催代表

これまでの主な経歴

富士銀行を定年後実家(静岡県磐田市)に帰り跡を継ぎ、1200坪の屋敷を妻と共にハーブガーデンに造り替え、18年ガーデニングを楽しんでいます。その間、地元地域への奉仕と花仲間づくりのお世話をし、園芸指導もしています。平成26年全国花のまちづくりコンクールで個人部門優秀賞を受賞しました。

グリーンアドバイザーとしての主な活動

2004年浜名湖花博で、ツアーガイド、体験学習館でのガイドを始め、公益財団法人静岡県グリーンバンクでの講師、近隣市町でのガーデニング講演会など園芸指導をしてきました。静岡県GAの会事務局長を7年務め、会の運営、情報提供などGAの仲間づくりに努め、浜名湖花博跡地でも永年園芸相談を担当してきました。

これからグリーンアドバイザー資格を取得しようとする人たちへ一言

園芸は大変奥深いので、GAとしての資格取得は大いに刺激になります。園芸や庭造りは一人で楽しむのもいいが、仲間を作ってグループで研鑽すれば、より楽しくレベルの向上を図れ、GAとしての活動の場が広がります。