トップページ > 日本フラワー&ガーデンショウ

日本フラワー&ガーデンショウ

 本ショウは2017年で27回を数え、通算125万人を超える来場者を誇る日本最大級の総合園芸パブリックショウです。2016年より横浜(パシフィコ横浜)に開催地を移し、前年比118%・59,000人の来場者を記録しました。2017年は同じくパシフィコ横浜で、約10,000平米(面積50%増)に規模を拡大して開催します。
 横浜市では同時期に「全国都市緑化よこはまフェア」が開催されます。本ショウも横浜市と連携して、入場者目標80,000人を目標に、前回大好評をいただいた体験型イベントをさらに拡充すると共に、新しい企画も多数企画しています。
 ご来場の皆様が「来て良かった!」と思える「オンリーワン」の園芸ショウを目指します。

 2017日本フラワー&ガーデンショウの基本コンセプトは「家族そろって一日中楽しめるイベント」。ショウテーマは「花を楽しみつくす ~家族で体験!花と緑の3日間~」と設定しました。
 日ごろ見慣れた花から珍しい品種まで、会場全体を飾る花や緑のありとあらゆる楽しみ方を提案。各種体験型イベントもこれまで以上に充実させ、花と緑で楽しむ充実の3日間を提供します。

家族そろって楽しめる

花と緑のイベントが盛りだくさん!

■見る
・テーマフラワー展示(ガーデン展示・切花展示)
・F&Gジャパンセレクション(新品種展示と人気投票)
・ガーデニングコンテスト
■聴く
専門家による各種セミナー
■食べる
・花のバー&カフェ
■香る
・会場内の花々の香りを楽しむ
■触れる
・寄植教室など、グリーンアドバイザーによる各種体験イベント
■知る・学ぶ
・新品種プレゼンテーションコーナー
・花と緑の職業体験(お花屋さん、植木屋さん、ガーデンデザイナーなど)
・グリーンアドバイザーによる園芸相談
■花と緑の復興支援コーナー
・東北地方を応援するチャリティイベントを実施

※上記以外にも多彩なイベントを計画中!

2017テーマ展示は “バラ”

 美しい花を見ると、多くの人は「まあバラみたい!」と声を上げます。それほどまでにバラは美しい花を代表しています。
 野生のバラは、ハマナス、サンショウバラ、タカネバラなど、日本にも多く自生していますが、現代の園芸バラは、世界のバラの遺伝子と古い時代からの花好きな人々が作り上げた「文化遺産」とも言えるものです。
 大きな花と素敵な花色、そして芳しい香り、どれをとってもバラは貴方を魅了します。
 2017年4月、春爛漫の横浜でお待ちします。

2017 日本フラワー&ガーデンショウ開催概要

【開  催  趣  旨】家庭園芸の普及と底辺拡大を目的とし、花と緑に関する様々な展示や商品の販売、最新情報の提供、各種体験型イベントの実施等を通じ、ビギナーから愛好家まで世代を超えて楽しめる「総合園芸パブリックショウ」として開催します。
【名           称】第27回2017日本フラワー&ガーデンショウ
【ショウテーマ】花を楽しみつくす ~家族で体験!花と緑の3日間 ~
【会           期】2017年4月1日(土)~4月3日(月) 10:00~17:00(最終日は16:00まで)
【会          場】パシフィコ横浜展示ホールC,D (10,000㎡)
【出  展  規  模】出展小間数約200小間(予定)
※通常小間(約9㎡)、ミニ小間(約4㎡)、その他の合計
【来  場  者  数】80,000人(目標)
【過 去 の 実 績】平成3年開催の第1回からの通算来場者120万人以上、延べ出展者数2,700者以上
【主           催】公益社団法人 日本家庭園芸普及協会
【後    援】農林水産省、国土交通省、神奈川県、横浜市、NHK出版、独立行政法人住宅金融支援機構、東京新聞、独立行政法人都市再生機構、独立行政法人日本貿易振興機構
これまでの日本フラワー&ガーデンショウ

※第21回ショウは、東日本大震災の影響で中止となりました。

出展の申し込み
出展の申し込み
出展の申し込み
全国都市緑化よこはまフェア開催
花と緑の復興支援
花いっぱいブログ
【植物歳時記】ブログ
緑のカーテン大作戦