小野寺 亮三

このコーナーでは、グリーンアドバイザーの活動を知っていただくために、グリーンアドバイザーを代表する【グリーンアドバイザー園芸ソムリエ】と【プラチナグリーンアドバイザー】のプロフィールをご紹介します。

【グリーンアドバイザー園芸ソムリエ】及び【プラチナグリーンアドバイザー】は、グリーンアドバイザーの日々の活動をポイント化して評価する【グリーンアドバイザー園芸CPD制度】によって称号を取得された、いわば全国10,000人のグリーンアドバイザーのトップランナーです。

プラチナグリーンアドバイザー

小野寺 亮三(オノデラ リョウゾウ)

自己PR・メッセージ

花や植物を育てるのが好きで体調も良くないが頑張ってます。盆栽も同じですが、毎日手にとって見る楽しみ、育てる楽しみが最高です。

これまでの主な経歴

子供の頃、母がつつじやさつきを栽培していたので私も手伝い好きになったのがスタートで、その後種苗会社に勤務した。最初のグリーンアドバイザーの研修に参加したり、ホームセンターのブームにも乗り、販売でも会社の利益に貢献した。

グリーンアドバイザーとしての主な活動

在職中は全国の仲間と各地を巡回し、PRも十二分にしたし、仙台市の公園管理のアドバイス等を行ってきたが、現在は年齢もUPしたので、活動もなかなかできなくなった。

これからグリーンアドバイザー資格を取得しようとする人たちへ一言

国の予算が減少し、若い人が少なくなり老人時代になってくるので、若い人にGA資格を取っていただき、老人達とコミュニケーションを取りつつ花壇を作ったり手入れをしたり社会貢献しながら花や緑を楽しむことが大切です。頑張ってください。